食べるコト

ディライトキッチン店主、塚本さんに聞く、こだわりいろいろ
IMG_8540_copy
 
ディライトキッチン

「大人も子どもも楽しめるカフェ」daylight kitchen

店主の塚本サイコさん
daylightSasamoto
IMG_8629
音楽家でもある塚本サイコさん、ひさびさのライブも!
その名も「MOTHER SHIP」は、母と子で行きたいイベントです。
■ MOTHER SHIP
11/28(SUN)16:30START(~19:30)@daylight kitchen
2.500yen w/1drink&special natural food
演奏:塚本サイコ(ピアノ)+OLAibi(パーカッション)
お話し:Jhon Moore(jhon moore organics)
お料理:AKKO(Natural TurnTables)
daylight1修正
ランチメニューもココロとカラダが喜ぶ野菜がたくさん。11月からは、幼稚園や保育園に送った後、ほっと出来るモーニングも始動。ますます「母」に優しい店作りに



Photo setsuko nishikawa

「実はこのお店、以前学校に併設している学食だったんですよ」
と話すdaylight kitchenの店主、塚本サイコさん。

以前やっていたデザートカンパニーというカフェを閉めて、教育現場で今までやっていたことを生かそうとカフェ科のある専門学校の学食としてスタートしたのが、そもそもこのお店の始まり。
その後、学校から離れたタイミングで、もう一度テナントとして借り直しdaylight kitchenは再スタートしました。

もうすぐ二歳になる子どもを持つ塚本さん。現在は音楽関係だった旦那さまもカフェのスタッフとして加わり、お店のコンセプトは「子どもも大人も楽しめる」とhahacotoにピッタリ。
お店の中は、子どもも楽しめるようにと、絵本が置いてあったり、母たちがリラックスして楽しめる個室があったりといった気配りもあるが、何よりうれしいのは体にやさしい自然なごはん。これは子どもを育む元気なごはんでもあります。
お客さまは子ども用の取り分けのお皿を渡すと、自然と取り分けて食べている。
そう、ここの野菜は、太陽と大地のエネルギーが詰まったものばかりで、そのまま子どもに食べさせてあげたいものしか扱っていません。

お店の雰囲気をつかんでいるお客様が多いせいか
「お子さまランチありますか?」とは聞かれたことはないという。
次回からは自然においしいご飯で「母を応援している」ディライトキッチンのことをもっと紹介します。


きっと母のヒントになることがいっぱいありそう。

からだコト
QRcode

携帯サイトはこちら