ハハコトセレクション

再び新しい冒険物語が始まった!!
絵本「うーふとむーふ -ちびくろふたごのだいぼうけん-」
うーふとむーふ
うーふとむーふ   2011年8月10日初版発行

文: こじま よしみ
絵: みずさわ けいこ

発行者: 小島 芳実
発行所: 株式会社GLOBE
印刷・製本: 東京印書館
制作: 株式会社瑞雲舎

価格 本体1,000円+税

http://ufumufu.com
ufumufu313x166

ちびくろさんぼの絵本から生まれたサイドストーリー

ハハコト読者の方は、トラがバターになってしまうお話の「ちびくろさんぼ」の絵本は記憶に残っている方もたくさんいるのではないかと思います。ヘレン・バンナーマンによって1899年に刊行された「ちびくろさんぼ」はひろく世界中で愛されているストーリーでした。
日本でも120万部を販売するベストセラーの絵本でしたが、1988年に海外での黒人の表現を見直そうという動きに誘発され、これは人種差別ではないか?という意見により、日本では出版社が自主的な絶版処置をとることとなり本屋さんから消えてしまったのです。
しかし、この素晴らしいストーリーをどうして残さないのかといった多くの支持のもと、2005年に瑞雲舎から「ちびくろさんぼ」が復刊となり、熱烈な支持を得て再び人気を呼び、ヘレン・バンナーマン原作の「ちびくろさんぼ2」の復刊につづき、さらにヘレン・バンナーマンの別の原作の基づいたオリジナル作「ちびくろさんぼ3」も発売になりました。
この「ちびくろさんぼ3」の作家である”こじま よしみ”氏によって、「ちびくろさんぼ」へのオマージュを込めてリスペクトし、サイドストーリーとして創作した作品が今回紹介する「うーふとむーふ」です。
物語の設定は、少しお兄さんになった”さんぼ”の双子の兄妹”うーふ”と”むーふ”が主人公で、ジャングルの中での動物とのふれあいや家族との絆を様々な冒険を通して感じさせるハートウォーミングな構成になっています。
また、絵はビビッドでシュールな現代アフリカのポップアートを思わせる色彩で、光、大地、生命を感じさせるもので、子供たちの感性にも良い影響と記憶をもたらすでしょう。
うーふとむーふが体験する魔法や奇跡は、子供たちの想像力をかきたて、それぞれの世界をその子の中に作り上げていく、そんな想像世界が子供たちの数だけ存在するというのが作家”こじま よしみ”氏のこの作品への思いのように感じます。

この作品は、店舗はコムサの各ショップ(MONO、COMME CA、コムサイズム、コムサスタイル等各店)で先行販売しておりましたが人気完売につき、今後はハハコトショッピングからの販売のみとなります。
お子様向けギフトにも最適の1冊です。

作品紹介サイト
http://ufumufu.com

Music_main
(株)アミューズから(株)GLOBEと共同制作でCD-DVD発売!!
うーふとむーふ ~ ふたりでね・・・
mobile
auとdocomo向けに着せ替えアプリも販売。
e-book
i-Phone、i-Pad向けにApp Storeで電子書籍も販売。
からだコト
QRcode

携帯サイトはこちら