くらすコト

“デザインのある暮らし”を始めませんか?
オシャレで楽しいデザインライフを!
インテリアの散歩道
steamcase006 sono2
 
インテリアジャーナリスト
本間美紀さん
インテリア・デザイン関連の企画・編集など幅広く活躍。得意のキッチンアイテムを中心にデザインのある暮らしを提案する。
プロフ用 キッチン① 顔
lekue_cookingmesh_2(変換後)
これが「ポイリングメッシュ」。ゆでざる的使い方は
意外と便利ですよ。価格4,200円/コラムジャパン
P1050785(変換後)
鍋の季節です! この「レモンスクイーザー」でゆずを絞って美味しい団らんを! 価1,575円/コラムジャパン
exam(変換後)
シャルル・ビアンサンの「ココナッツヌードルボウル」は汁物や麺類に。価格4,514円/マキノトレーディング
archivo_es_1665[1](変換後)
くり返し使えるシリコンの「スチームバッグ」はキッチンの新定番!? 発売準備中! 問/コラムジャパン

シリコングッズって知っていますか?
最近、よく耳にするけど、どんなものがよく知らない…という人も多いはず。

ぐにゃりと弾力性があって、半透明。けれどもゴムと違うのです。
ゴムと混同して「熱にいれると溶けるんじゃないの」「匂いがつきそう!」というのは、大間違いなんです。

オーブンに入れて焼いても、お湯で煮ても、蒸しても、大丈夫! シリコンはもともとが鉱物が原料で、とびきり耐熱性のある素材なのです(200度くらいは大丈夫。しかもしなやかで、ピタッと密閉性がある。この持ち味を「調理」に生かしているのが、シリコンのグッズなんです。

このシリコンこそが、忙しい私たちを助けてくれるお助けグッズ!
なんだかすごいものが登場しています。

まずは大ヒット商品がスペインの「ルクエ」から出ている商品の数々。封筒のような筒のような、不思議なかたち。今まで見たことない、というこの「スチームケース(価格5,250円)」。いまや台所仕事の救世主です。

どう使えるかというと、中に食材を入れて、ペタンとフタをつめて、電子レンジへ。私も持っていますが、ブロッコリーとかぱっと切って入れて、レンジに入れています。ゆでるのよりやや色は落ちますが、味は濃縮されたような感じ。何より早い。 ホットケーキミックスを流し込んで、蒸しパンをつくったり、鶏や魚を蒸したり、パスタソースをつくったり。なんと日本で約100万個が売れているというヒット商品となっています。

シリコンが熱に強いという特性を生かしたのがこちら。ボイリングメッシュといって、ゆでざるをネットにした変形版ですね。これは包み焼きピザからヒントだったそうです。サラダ菜を入れてぐるぐるまわして水切りに使うという猛者もいるとのお話。

個人的に愛用しているのはこちら。レモンを半分に切って入れるとぴったり密着。そのまま握って汁を絞るのです。種も落ちません。先端のフタでレモン汁の出し入れを調整でき、絞り掛けのレモンはそのまま冷蔵庫で保存できます。先日、ゆずを絞ってみましたが、種が多いゆずには大変便利。柚子ポン酢もあっという間です。にぎにぎする感触が面白いので、子どもに手伝ってもらうのもいいかもしれません。

フランス発の製品も登場。「シャルル・ビアンサン」というブランドです。
こちらはデザインを、自然のモチーフにしているタイプ。エスカルゴとか葉っぱ、貝、蜂の巣など、形と機能が一体になっています。たとえば新作のココナッツ型ボウル。
これはシリコングッズでも珍しい、汁物や麺類が作れるタイプ。ぐにゃりと型くずれはしないのに、弾力性があり、麺や汁をそのまま入れてレンジに掛けられます。アンヘルシーかもしれないけれど、個人的にはチキンラーメンとお水をいれてレンジすれば、手早い昼食がつくれそう…と思ってしまいました。エスニックカレーの容器にもぴったりかもですね。

そして一番新しいのがこちら。なんとシリコンのフードバッグ。ジップロックなチャック式のビニールはキッチンでも大活躍ですが、これはシリコン製。

ほら、こんなふうに使います。離乳食をまとめて冷凍するのにも便利そう。
冷蔵庫の中でも場所をとらず、繰り返し使えます。

だまされたと思ってシリコン、ひとつ、持ってみるのがおすすめです!


コラムジャパン http://www.coram.co.jp/kitchen_lekue.html
ルクエレシピブログ http://www.lekue.jp/

マキノトレーディング http://www.makino-tr.com/


からだコト
QRcode

携帯サイトはこちら