くらすコト

とにかく時間がない。けれど、きれいになりたい。
ハハコト世代のための時短ケア
ビューティエイジングの扉 vol.3
IMG_0866(変換後)
 
美容ライター
増本紀子さん


女性誌での執筆や書籍の編集、ビューティショーのMCなどを務める。美肌を手に入れるお手入れ方法など、悩める女性たちに救いの手を差し伸べる。美しく年齢をかさねたいハハコト読者のために、きれいを手にいれるポイントを伝授!
増本3(変換後)3

お手頃価格で“効く”
アイクリームはこれ!



アイクリームは、本当に価格の幅が広い! 高いタイプももちろんいいけれど、継続するにはお手頃&高機能がマスト! そこでアイクリームを愛してやまない私が溺愛する3品をご紹介します。
repairwear_CLINIQUE_s2-1
こっくりとした感触で
乾燥&シワに強く働きかける


2004年の発売以来、根強い人気を誇るベストセラー。ほどよいコクのあるなめらかなクリームが、乾燥や表情によるシワに働きかけ、肌を守るようなしっとりとした仕上がりに。使った翌朝は、肌がふっくらとした実感が!

リペアウェア インテンシブ アイ クリーム 14g 6,300円/クリニーク ラボラトリーズ http://www.clinique.co.jp
beaute_SOFINA 変更済み
やわらかなジェルが
気になる部分へピンポイントに喝!


年齢を重ねるごとに失われる、目元・口元のハリ対策美容液。やわらかなジェル状の感触ながら、肌になじんだ後はピンッとしたハリを感じ、後肌がふっくら。肌なじみがいいので、朝のメイク前にもおすすめ。

ソフィーナボーテ 濃密リンクル美容液 30g 4,935円(価格は編集部調べ)/花王ソフィーナ http://www.sofina.co.jp
COSME_DECOR_s2
しぼんだ目元を復活させる
抜群の保湿力


2011年1月発売の新製品。各種美容成分を内包した『多重層リポソーム』が、すみずみまで浸透し、じっくりと働きかける。オイルフリーのジェルタイプで、なじませた後はまったくベトつかず、なめらかに。香りも癒される。

コスメデコルテ ML アイクリーム 15g 7,350円/コスメデコルテ http://www.cosmedecorte.com/

「目は口ほどに物を言う」。
未来の自分のために、アイケアを始めましょう


 老化。いやな響きですね~。でも、女性にとっては避けて通れないのが、肌と老化(エイジング)の関係です。実は、私が「あれっ?」と自分の変化に気付いたのが、29歳のとき。夕方、鏡を見ると目尻に細か~い、うっすらとしたシワが……。そのとき、はたと気付きました。自分自身で鏡を見るときって、笑わないんですよね。朝のメイク時など見ている自分の顔が、なんでこんなシワっぽいんだろう??と考えてみた結論は、「一日中、くしゃくしゃの顔で人前で笑っている」という事実でした。「そうか、周りの人は『笑いジワすごいな』と思っていたのかも……」と凹みました。

 それが、私がアイケアを始めたきっかけです。それまでは、北国生まれ特有の、肌の薄さによる乾燥との戦いに夢中で、パーツケアなんて考えもしなかったのに、心機一転。せっせと製品を試す日々が続きました。となると、肌はやはり応えてくれるもの。くしゃくしゃで笑う“顔グセ”は変わりませんでしたが、徐々に笑いジワは薄くなりました。

 実際に、人と対面する時は、目を見ますよね。“目は口ほどに物を言う”という本来の意味とはちょっと違うかもしれませんが、目元にシワなどのエイジングのサインがどっかりと居座っていると、どうしても老けて見えてしまいます。いつまでもエイジレスな女性でいるために、目元のケアはとても大切です。なぜ目にエイジングサインが出やすいのかというのには、複数の理由があります。顔の皮膚の中でもっとも薄い部分であること、まばたきという動きを常にしていること、そしてパソコンなどで目を酷使していることなども含まれます。他の部分よりも敏感だからこそ、早めの対策が必要であり、有効となるはずです。

 以前聞いた話ですが、美容大国・韓国では、18歳くらいからアイクリームを使い始めるそうです。就職活動前やお見合い前に整形する人もいるという“ヴィジュアル重視”の国において、早い時期からケアする人が多いのは、やはり、目元に年齢が出やすいということを知っているからではないでしょうか。

 アイケアで何よりも重要なのは、継続することだと私は思っています。朝晩、クリームの前にほんの数量を、薬指(ここポイント!)でなじませる。時間があるときは、ツボ押しなども取り入れて、血行アップ。敏感な部分ですから、絶対に力を入れずに、やさしく労わること。このほんの30秒足らずの時間で、酷使する目元をいたわってあげることができるのです。朝使えば、一日中乾燥から守ってくれますし、夜は一日の疲れを癒してくれます。

 深くなってしまったシワは、美容皮膚科においてレーザーなどの治療をするしか解決策はありませんが、ちりめんジワなら、お手入れ次第でなんとかなる、というのが、私の経験からくる持論。18歳はとっくに過ぎてしまっていても、今から始めれば、5年後、10年後の目元印象は確実に変わっているはず!


からだコト
QRcode

携帯サイトはこちら