くらすコト

とにかく時間がない。けれど、きれいになりたい。
ハハコト世代のための時短ケア
ビューティエイジングの扉 vol.4
IMG_0866(変換後)
 
美容ライター
増本紀子さん


女性誌での執筆や書籍の編集、ビューティショーのMCなどを務める。美肌を手に入れるお手入れ方法など、悩める女性たちに救いの手を差し伸べる。美しく年齢をかさねたいハハコト読者のために、きれいを手にいれるポイントを伝授!
masumoto3(変換後)

“かゆ・ひり”肌にもやさしい!
この時期必須の鎮静アイテム



「何を使ってもだめ……」というときに、私自身が助けられたのが、これらのアイテム。確かな効果で、この時期には欠かせません。揺らぎがちな肌に悩む人に、自信を持っておすすめします。
LotionHydratante250ml (2_2)その2
肌を優しく包み込む
敏感肌におススメなクリーム


敏感肌処方で高い人気を誇るブランド、アルージェ。このマスクは、夜のお手入れの最後に塗るだけのシンプルさながら、心地地よいウォータークリームベースが肌を守るように包み込み、翌朝にはもっちり! 緊急時にも頼もしい存在。

アルージェ ウォータリーシーリングマスク 35g 2,940円/全薬工業  http://www.arouge.com
LotionHydratante250ml (2修正済み
ひりつく肌にもすっと
浸透する高保湿化粧水


フランス発の敏感肌対応ブランドが、日本女性のために開発した化粧水。フランス政府公認のユリアージュ温泉水を30%配合。すっきりとした使い心地ながら、肌にすっと浸透し、もっちりとみずみずしい肌へ。

ユリアージュ サーマルモイストローション 250ml 2,835円/佐藤製薬 http://www.uriage.st/
SKINCONDITIONER1修正済み
肌コンディションを整える
ベストセラー薬用化粧水


1974年のデビュー以来、世代を問わず大人気。ハトムギエキスなど天然植物成分配合で、ふっくらとみずみずしい肌に整える。乾燥・肌あれ、ほてり、くすみなど、さまざまな肌悩みをケアする、納得の実力派。コットンパックもおすすめ!

エクサージュ 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル 165ml 5,250円/アルビオン http://www.albion.co.jp/

一年で一番つらい季節。
「花粉症」時期のスキンケアポイントって?


 今回は、関係ない人には申し訳ない内容かもしれません……。いったい、読者の方には、どれくらい悩んでいる方がいらっしゃるのでしょうか?
この時期の一番の悩み、それは「花粉症」。

3年前から、とデビューが遅かった私。くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、のどのいがいが感……と、不快な症状はたくさんありますが、一番の悩みは肌。乾燥して、ひりついて、かゆくて、何を使っても赤くなったり、しみて痛くなったり……。

そうすると、新しい化粧品を使うのがおっくうになる→ついお手入れ不足に→余計に乾燥する→ひりひり、かゆかゆになる……の、エンドレスな悪循環。これが、5月のゴールデンウィークあたりまで続くので、春は、楽しみと憂鬱がごっちゃになっています。

 けれど、私なりにいろいろと試行錯誤してみました。たどり着いた結論は「シンプル&うるおい補給」。考え過ぎることなく、スキンケアの基本をきちんと行えばいいのでは、と今は思っています。

①メイクをきちんと「落とす」、②花粉や汚れを「洗い流す」、③水分を与えて肌を「うるおす」、④油分で水分が飛ばないように「蓋をする」。このシンプルな4ステップで、肌は敏感に傾きすぎることなく、落ち着くような気がしています。

 本当にシンプルだからこそ、いつもより“丁寧に”行うのが、一番のポイント。肌が揺らぎ、弱っているときはちょっとした刺激で、より不安定になってしまうものです。例えばメイクを落とす時、オイルやミルクをいつもより時間をかけて肌に広げ、ゆっくりと体温を伝えるように、手のひら全体でなじませること。洗顔料の泡立てを、いつもよりふんわりと心がけること。洗い流す時は、いつもより10回多くすすぐこと……。“丁寧に”、と考えると、やるべきことはいくらでも出てきます。もちろん、これは、花粉症に限らず、肌が揺らいでいる時にはすべての人に有効なはず。

 花粉症だと判明した1年目、花粉症が肌にまで影響を及ぼすと知りませんでした。仕事柄、毎日違うものを試し続けることを余儀なくされるので、それを当たり前のように続けていたら、肌はごわつき、真っ赤になってしまいました。あれは、肌が「今はそんなに刺激を与えちゃダメだよ!」と教えてくれていたのだと、今になって思います。

 だからこそ、今は、シンプルに、丁寧に。

どうしても時間がないと、スキンケアの手を抜きがちになってしまうけれど、花粉症の季節が終わった時、シワシワでかさかさ、ごわごわの肌になってしまった、というのでは悲しいもの。ダメージを回復するのは、ダメージを与えてしまった時間の何倍もかかってしまうから、この季節、いつもよりちょっとだけ、肌をいたわってあげてくださいね。

からだコト
QRcode

携帯サイトはこちら