くらすコト

“デザインのある暮らし”を始めませんか?
オシャレで楽しいデザインライフを!
インテリアの散歩道vol.04
06 プチ
 
インテリアジャーナリスト
本間美紀さん

インテリア・デザイン関連の企画・編集など幅広く活躍。得意のキッチンアイテムを中心にデザインのある暮らしを提案する。
プロフ用 キッチン① 顔
02bugaboo_cameleon_reversible_and_adjustable_handlebar 左
骨太なフレームと、肉厚な車輪。自転車の国からやってきました。
03 KICX1334 左
オランダの街角で、バガブーユーザーを発見。
Photography by NerocVGM
サンシェードなど、オプションもたくさん。
05 ピクチャ 6 左
専用サイト「バガブー ディトリップ」で、ママの海外旅行を応援。

いざ!という時もきびきび動く、自転車の国のデザインベビーカー

落ち着かない日々が続きますが、ベビー持ちのママには不安がつきませんね。
そこで今回は、自転車の国オランダからやってきた、きびきび動くためのベビーカーをご紹介。それが「バガブー」。この春から本格的に正規販売を開始、まずは人気ショップ「ストンプスタンプ」で正式に発売されています。

バガブーが強いのは「悪路」。話を聞いてみると、乗り物好きパパの心をつかむ要素もありそうです。というのも、その秘密は車輪とサスペンション。そして骨太なフレームです。まるで自転車!

キャスター的な簡易車輪や空気圧車輪のベビーカーが多い中、バガブーは発泡材でみっちり詰まった硬いタイヤで頑丈。急な方向転換や条件の悪い道でもタフに動いてくれます。タイヤの空気が抜ける、ということもありません。

ここから4本のサスペンションが伸びて、しなやかなクッション性で、子どもの座を支えてくれます。道のがたつきがあっても、ぐっと赤ちゃんをと支えるサスペンションの‘ねばり感(笑)’は、安心感◯。 17キロ、4歳まで使えます。

原稿を書いていても、自転車や車の解説をしているような気分になるベビーカーですが、それはオランダというお国柄ゆえかも。石畳の多いオランダでは、なによりも自転車的な「乗り心地」が優先されるのです。とはいえ機能だけではなく、ご覧の通り、デザインも秀逸。機能的で無駄のない、ダッチデザインです。

今回、正規販売されるのは2種類。一番おすすめの「カメレオン」はフル装備タイプで、無舗装の道、雪道、砂地と、悪路も何でもござれ。まさに今、心強いベビーカーと言えます。

もう少しライトなタイプがお好みな方は「ビー」というコンパクトタイプもあります。どちらを選んでもバガビーの特長である‘しっかり車輪とサスペンション’完備です。

このバガブーですが、赤ちゃんが生まれると、ママの行動はどうしても制限されてしまう。そんなライフスタイルを変えたいと、若いデザイナーが卒業制作でつくったベビーカーが出発点。そのまま、さまざまな経緯を経て、会社をつくってしまったそう。生まれた時から赤ちゃんとママが自由に移動できる、そんな「モビリティ」が開発テーマでした。オランダといえばビーチで遊ぶ人が多い国ですが、砂地でも沈まない。家族でビーチのお散歩を楽しみたい、ということから悪路対策も研究されたそうです。

マクラーレンのファッション的なおしゃれ感、ストッケの北欧インテリア的な居住性、そんなライバルたちの個性と一線を画すのが「ベビーカーは乗りもの」という考え方。ちなみに同社では、バガブーで出かけるための街歩きの情報サイト「バガブーディトリップ」http://www.bugaboodaytrips.com/もウェブ上に開設して、親子の世界旅行も徹底応援してくれる姿勢です! 世界のバカブーユーザーからのコメントも見られます。

これからはおしゃれ感から機動性へ、ベビーカーの価値観も変わってくるかもしれません。
ちなみに「バガブー」は、トップのメイン画像のように「TIME」のデザイン100に選ばれたり、切手のデザインになったりしています。

Bugaboo Cameleon/12万9000円(参考価格)
上記価格には、ベビーカー、キャリーコット(新生児用)、レインカバー、テイラード・ファブリック・セット(1色)、製品保証(2年間)を含む。
Bugaboo Bee /8万1800円(参考価格 サンキャノピー(幌・1色)、レインカバー、製品保証(2年間)を含む。

ストンプ・スタンプ(六本木ヒルズ店)
☎03-5413-3060
http://www.bugaboo.com

からだコト
QRcode

携帯サイトはこちら