ハハしごと

nico1
ゲームプランナー 小川亜紀子さん 

ニコラボ代表。
中学のとき、親の仕事の関係でアメリカで過ごす。大学卒業後、大手ゲーム会社宣伝部、七音社を経て、独立。現在デジタルコンテンツ企画制作会社 株式会社ニコラボ代表。また本業と並行して、ナチュラルフードのユニット「NaturalTurnTables」も活動中。

◎ニコラボ

◎NaturalTurnTables
ゲームプランナー
小川亜希子さん vol.7
warahahazu
大学卒業後、大手ゲーム会社で宣伝業務を経験した後にゲーム会社に転職。その後、結婚、出産を経て、わずか8ヶ月後に会社を起業。ほんわかした雰囲気ながらも、さすが会社の代表です。5歳になる娘さんのこと、仕事のこと、長ーく仕事をするためのヒントになる話満載です。

————娘さんが産まれた年と起業した年が同じというのは驚きなんですが、どうして産まれてすぐ会社を作ることになったんですか?


小川亜希子さん(以下小川)   そうですよね。起業したのは、前勤めていた会社の社長から勧められまして、仕事仲間と一緒に起業しました。


————それで本当に作ってしまったのはすごいですね。ところで、今仕事はどんな感じでやられてますか?

小川   家で全く仕事をしないというのはあり得ないですね。常にメールは見ているし、夜中まで企画書を書いたりすることもあります。その代わりミーティングが外である日は、そのまま帰っちゃったりします。会社にいるメンバーの一人は双子の母ですから「今日は家で仕事しまーす」とかも全然ありです。そういう柔軟なスタンスな方ががんばれると思う。知り合いのプログラマーさんも三人子育てをしながら仕事をがんばってるお父さんいますよ。彼の場合、幼稚園の子どもの習い事に連れていくために、ミーティングも3時までにしてるようですよ。


————それはうらやましい。

小川   必要ない時に会社にいるよりも、柔軟で自由な働き方をしたほうが、長く働けるかなあと思うんですよ。


————ゲーム業界だと自由な働き方が出来ないイメージなんですけど、どうですか?

小川   確かに大きな会社にいたら色々難しいかもしれませんが、小さな会社やフリーランスで働いている方は自宅勤務や、自由な働き方をしてる方も多いです。


————なるほど。ところで小川さんのダンナさんは、育児に協力的ですか?

小川   夫はアメリカ人なので「家事はむしろやります!」って感じで。朝はダンナさんが朝ご飯作って、保育園に送って行ってくれて、私はギリギリまで寝てたりすることもあります(笑)。


————いいですねえ。

小川   でも夜はほとんど私が迎えに行き、夕飯も作ります。そうやって育児と家事の分担が自然と出来てる感じです。


————娘さんは今おいくつですか?

小川  今5歳なんですが、25キロもあってがっしり系です(笑)。
ディズニーランドで「おんぶ!」とか言われると困っちゃいますねえ。


————ディズニーランドはよく行かれるんですか?

小川   3回くらい行きました。自分一人じゃとても行けないんですけど、おばあちゃんが連れていってくれたり、保育園のママ友達が、ツアー組んで連れていってもらいました。


————おお、ディズニーは楽しかったですか?

小川   はい。でも「怖い、怖い」とか言って乗り物全然乗らなかったり、お土産やで欲しい欲しい〜〜って言われてなかなか大人の思うように行かないですね(苦笑)。色々ねだられて、小さい巾着にピーナッツが入ってるのを買ってあげたら850円もしてビックリしました(笑)。


————高い!

小川   ポップコーンも走って2回こぼしました。でもお友達といい思い出ができて楽しかったです。



ページ: 1 2

QRcode

携帯サイトはこちら