ハハしごと

kawakami修正
川上まりさん  ナレーター

大学卒業後、企業のナレーターコンパニオン、ラジオパーソナリティなどを経て、テレビの報道番組等のナレーターへ。
現在、テレビ朝日『サンデーフロントライン』『お願いランキング』NHK『ミクロワールド』BS-TBS『地球千年紀行』 CSフジテレビ『ばら・す』などのレギュラーナレーションを担当
ナレーター 川上まり vol.02
warahahazu
InterViews
第二回目はテレビ業界から。ナレーターというお仕事をされている三歳の娘の母です。いちばん困ったというのは、子どもが入院という事態…

————ナレーターとはどんな仕事ですか?

川上まりさん(以下、川上)  私の場合、報道やドキュメンタリー等のテレビ番組のナレーションが多いです。ちょうど産前産後を挟む、約五年間は、レギュラーで、TBSの夕方ニュース『ニュースの森』『イブニングファイブ』のナレーションを担当していて、現在は、日曜午前10時からの、テレビ朝日『サンデーフロントライン』、NHK教育『ミクロワールド』などのナレーターをしています。他には企業関係のVTRにナレーションを付けたりする事もあります。事前に原稿を渡される仕事もありますが、生放送番組などは、行ってその場で原稿が渡され、直ぐに収録、というパターンが多いですね。


———すぐにその場で?

川上   声優さんだと二時間の映画の吹き替えにあたり、家で何度もDVD見たりして、相当練習するんですって。収録も一日がかりだし。でもナレーションは、 特に生放送は終了時刻が決まっているし、それ以外でも、一時間モノで、だいたい3〜5時間くらいの拘束でしょうか。


———それは保育園に預けながら、育児をするのに好都合ですね。

川上   そうですね。なるべく、保育園に預けておける日中に仕事を出来るようにはしています。ただそうは言っても作業時間は不規則です。秋から担当している、テレビ朝日『お願いランキング』 のストライクミュージックというコーナーはナレーションだけでなく、天の声もやっているので、スタジオ収録に立ち会い、生で声を入れる必要があるんです。ほぼ一日仕事で、帰宅も遅くなるため、横浜の実母に日帰りで保育園迎えを頼み、夜は帰宅した夫にバトルタッチしてもらい、風呂入れと寝付かせまで、夫にお願いしちゃっています。

————あらイクメンダンナ様!

川上   確かに、夫は理解があり、かなり協力的だと思います。女性が出産後も仕事を続けようと思ったら、育児に協力的な夫が不可欠!。ここは強く、プレママ達に言いたいですね。
ただ、夫に育児をしてもらい「すいません」と、どうして女性ばかりが言わなくてはいけないの?と不満に感じる事はあります。 固定観念かもしれませんが。
あと頼んでおいて「なんでお菓子ばっかり?」「どうして11時まで起きてたの?」とか文句は出ますね(笑)


ページ: 1 2

QRcode

携帯サイトはこちら